総力特集「本当に面白いフランス映画」 総力特集「本当に面白いフランス映画」

映画の歴史は、
フランスから始まった。

1895年にフランスでリュミエール兄弟が発明したシネマトグラフ、それが映画の始まりでした。
以来、トリック撮影やアニメーション、犯罪映画など、
世界に先駆けて新しい表現を開拓し続けているのがフランス映画です。

そして、フランスが生み出した多数の名作の中から、
映画評論でも知られるフランス文学者、中条省平氏が20作品を選出。
その厳選20作を、全作品、中条氏による解説文章付きで放送します。

専門家による選定と解説で、“本当に面白いフランス映画”を、どうぞお楽しみください。

全作品、中条省平の解説付き!

中条 省平(ちゅうじょう しょうへい)
中条 省平(ちゅうじょう しょうへい)

学習院大学文学部フランス文学科教授。パリ大学文学博士。
著書に『フランス映画史の誘惑』(集英社新書)、『映画作家論―リヴェットからホークスまで』(平凡社)、『クリント・イーストウッド―アメリカ映画史を再生する男』(朝日新聞社)など多数。

HDテレビ初放送5作品!毎月1本、HDテレビ初放送作品が登場する貴重なラインナップ。

7月放送作品

中条省平による解説全文は
こちらをご覧ください

7/4 23:15
『ラ・ジュテ』

パリが廃墟と化した近未来、少年期の記憶に取り憑かれた男がタイムトラベルをする。『12モンキーズ』の元ネタとなった短編で、ほぼ全編、静止画で構成したSF映画の傑作。

1962年 フランス

監督:クリス・マルケル

出演:エレーヌ・シャトラン/ジャック・ルドー

中条省平のここに注目!
過去と未来を旅するタイムトラベラー。その記憶をめぐる驚愕のミステリー。
一瞬だけ動く映像はどこに?

ラ・ジュテ

7/4 深夜0:00
『アデル、ブルーは熱い色 [R-15指定版]』

カンヌ映画祭史上初、監督とともに主演のアデル・エグザルコプロスとレア・セドゥにもパルムドールを贈った話題作。ブルーの髪の女性と恋に落ちたアデルの愛と情熱を描く。

2013年 フランス

監督:アブデラティフ・ケシシュ

出演:アデル・エグザルコプロス/レア・セドゥ

中条省平のここに注目!
カンヌ映画祭を揺るがした映画史上最も強烈な女性同士のラブシーンと、青い髪の女レア・セドゥの魅力。

アデル、ブルーは熱い色 [R-15指定版]

7/11 23:30
『女と男のいる舗道』

鬼才ゴダール監督の長編第4作で、アンナ・カリーナとのコンビ3作目。家庭を捨て、女優になる夢も破れ、娼婦に身を堕とした孤独な女性ナナの姿を12のエピソードで綴る。

1962年 フランス

監督:ジャン=リュック・ゴダール

出演:アンナ・カリーナ/サディ・レボ

中条省平のここに注目!
ゴダール監督の愛妻カリーナが演じる聖なる娼婦。
彼女の遍歴によって現代社会をクールかつリアルに描く名作。

女と男のいる舗道

7/11 深夜1:00
『なまいきシャルロット』

『死への逃避行』のクロード・ミレール監督が、シャルロット・ゲンズブールを主演に迎えた青春ドラマ。思春期を迎えた13歳の少女の揺れ動く感情を美しい映像と共に描く。

1985年 フランス

監督:クロード・ミレール

出演:シャルロット・ゲンズブール/ジャン=クロード・ブリアリ

中条省平のここに注目!
13歳の真実を描きだす少女、シャルロット・ゲンズブール。
彼女の身ぶり、顔つき、お喋り。すべてが奇跡だ。

なまいきシャルロット