ワールドシネマ

フェイス・オブ・ラブ
月曜よる9時

今、観たい!世界と出会える映画。 世界中より選りすぐりの新作映画をお届けします。それぞれの国の思いがたくさん詰まった映画をお楽しみください。

『フェイス・オブ・ラブ』ほか

1月の放送作品


年始特別編成のため、2(月)・9(月)は「ワールドシネマ」の放送はございません。

  • 不機嫌なママにメルシィ!

    1月16日(月)21:00~

    不機嫌なママにメルシィ!

    2013年 フランス=ベルギー
    監督:ギヨーム・ガリエンヌ
    出演:ギヨーム・ガリエンヌ /アンドレ・マルコン

    演技派俳優ギヨーム・ガリエンヌが監督、脚本、主演を兼任したヒューマン・コメディ。自伝的戯曲を基に、最愛の母に支えられながら困難を乗り越えていく青年の成長を描く。

  • フェイス・オブ・ラブ

    1月23日(月)21:00~

    フェイス・オブ・ラブ

    2013年 アメリカ
    監督:アリー・ポーシン
    出演:アネット・ベニング/エド・ハリス

    アネット・ベニングとエド・ハリスが豪華共演を果たした恋愛映画。亡き夫に瓜ふたつの男性とめぐり会ったヒロインが、喪失感を埋めるように激しい恋に落ちていく姿を描く。

1/19(木)~1/29(日)に2017年サンダンス映画祭が開催されます。
これを記念して、同映画祭でグランプリを受賞した2作品を放送します。

  • フローズン・リバー

    1月30日(月)21:00~

    フローズン・リバー

    2008年 アメリカ
    監督:コートニー・ハント
    出演:メリッサ・レオ/ミスティ・アッパム

    サンダンス映画祭でグランプリに輝いた感動のヒューマン・ドラマ。苦境を乗り越えるため、密入国の手助けをする裏稼業に手を染めていくふたりのシングルマザーの姿を描く。

  • フルートベール駅で

    1月30日(月)22:45~

    フルートベール駅で

    2013年 アメリカ
    監督:ライアン・クーグラー
    出演:マイケル・B・ジョーダン /メロニー・ディアス

    黒人青年が鉄道警官に射殺された実際の事件に基づくドラマ。彼が命を絶たれるまでの1日を、周囲の人々との関わりとともに見つめていく。主演はマイケル・B・ジョーダン。

2月の放送作品

2月のワールドシネマは、“本当にあったちょっといい話”を映画化した、実話作品を3本お届け

  • パレードへようこそ

    2月6日(月)21:00~

    パレードへようこそ

    2014年 イギリス
    監督:マシュー・ウォーチャス
    出演:ビル・ナイ/イメルダ・スタウントン

    サッチャー政権時代の実話を基に、炭坑閉鎖に抗議する炭坑夫たちとゲイのボランティアの友情を描いた心温まるドラマ。監督は舞台を中心に活躍するマシュー・ウォーチャス。

  • ワン チャンス

    2月13日(月)21:00~

    ワン チャンス

    2013年 イギリス=アメリカ
    監督:デヴィッド・フランケル
    出演:ジェームズ・コーデン/アレクサンドラ・ローチ

    イギリスのオーディション番組で一躍有名になったオペラ歌手ポール・ポッツの半生を映画化した伝記ドラマ。『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケルが監督を務める。

  • チャップリンからの贈りもの

    2月20日(月)21:00~

    チャップリンからの贈りもの

    2014年 フランス
    監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
    出演:ブノワ・ポールヴールド/ロシュディ・ゼム

    大切な人のために“チャップリン遺体誘拐事件”を起こした移民の男ふたり組の衝撃の実話を映画化。監督は『神々と男たち』で注目を集めたグザヴィエ・ボーヴォワが務める。

  • 真夜中のゆりかご

    2月27日(月)21:00~

    真夜中のゆりかご

    2014年 デンマーク
    監督:スサンネ・ビア
    出演:ニコライ・コスター=ワルドー/ウルリク・トムセン

    『未来を生きる君たちへ』のスサンネ・ビア監督によるサスペンス。育児放棄や薬物依存などの問題を盛り込みながら、突然の不幸に襲われた男の衝撃の行動とその顛末を描く。