ウォー アンド ウエスタン

1944 独ソ・エストニア戦線
土曜あさ10時

不屈の戦いに挑む、男たちの物語。 ハリウッド黄金時代の名作から近年の傑作まで、戦争映画、西部劇の名作を厳選してお届けします。

『1944 独ソ・エストニア戦線』ほか

7月の放送作品

  • 1944 独ソ・エストニア戦線

    7月1日(土)10:00~

    1944 独ソ・エストニア戦線

    2015年 エストニア=フィンランド
    監督:エルモ・ヌガネン
    出演:クリスティアン・ウクスクラ/カスパール・フェルベルク

    エストニア映画史上最もヒットした戦争映画。同じ国の人間でありながら敵として戦うはめとなったエストニアの若者の悲劇を、本物の武器や戦車による壮大なスケールで描く。

  • 夜明けのガンマン

    7月8日(土)10:00~

    夜明けのガンマン

    2012年 カナダ
    監督:テリー・マイルズ
    出演:クリスチャン・スレイター/ジル・ヘネシー

    ジョン・ウェイン主演ながら、日本では劇場未公開だった幻の1935年の映画『夜明けの男』のリメイク。クリスチャン・スレイター主演で父親を殺した犯人に復讐する男を描く。

  • トラ・トラ・トラ!

    7月15日(土)10:00~

    トラ・トラ・トラ!

    1970年 アメリカ=日本
    監督:リチャード・フライシャー/舛田利雄/深作欣二
    出演:マーティン・バルサム/山村聡

    1941年、日本海軍による真珠湾攻撃にいたる日本とアメリカ両国の動きを、日米合同スタッフ・キャストで制作された戦争映画。1970年のアカデミー視覚効果賞を獲得。

  • 大西部への道

    7月22日(土)10:00~

    大西部への道

    1967年 アメリカ
    監督:アンドリュー・V・マクラグレン
    出演:カーク・ダグラス/ロバート・ミッチャム

    ピュリッツァー賞受賞の小説をもとに、アンドリュー・V・マクラグレンが監督した西部劇。未開の地オレゴンへと向かう人々の苦難の旅を描く。出演はカーク・ダグラス。

  • 巨大なる戦場

    7月29日(土)10:00~

    巨大なる戦場

    1966年 アメリカ
    監督:メルヴィル・シェイヴルソン
    出演:カーク・ダグラス/センタ・バーガー

    実在の人物ミッキー・マーカスの伝記を基に、メルヴィル・シェイヴルソンが脚本・製作・監督を務めた戦場秘話。カーク・ダグラス、ジョン・ウェインら豪華キャスト出演。

8月の放送作品

  • 追跡者(1971)

    8月5日(土)10:00~

    追跡者(1971)

    1971年 アメリカ
    監督:マイケル・ウィナー
    出演:バート・ランカスター/ロバート・ライアン

    法に身を委ねて非情に生きる保安官の、心の機微を描いた西部劇。全スタッフをイギリス人、全キャストをアメリカ人で構成。製作・監督は『脱走山脈』のマイケル・ウィナー。

  • ハンバーガー・ヒル

    8月12日(土)10:00~

    ハンバーガー・ヒル

    1987年 アメリカ
    監督:ジョン・アーヴィン
    出演:アンソニー・バリル/マイケル・トリック・ボートマン

    ベトナムでの凄惨な戦闘のなかを必死に生き抜こうとする若い兵士たちの姿を描く。『戦争の犬たち』『ゴリラ』のジョン・アーヴィンが監督を務め、ドン・チードルらが出演。

  • 黄色いリボン

    8月19日(土)10:00~

    黄色いリボン

    1949年 アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    出演:ジョン・ウェイン/ジョーン・ドルー

    ジョン・フォード監督が手掛ける西部劇で、『アパッチ砦』『リオ・グランデの砦』と並んで“騎兵隊3部作”と評される第2作。退役を間近に控えた騎兵隊大尉の活躍を描く。

  • シン・レッド・ライン

    8月26日(土)10:00~

    シン・レッド・ライン

    1998年 アメリカ
    監督:テレンス・マリック
    出演:ショーン・ペン/ジム・カヴィーゼル

    第49回ベルリン映画祭でグランプリとなる金熊賞を獲得した大作。太平洋戦争の激戦地ガダルカナルを舞台に、生死の狭間に生きる米兵たちの人問模様を豊潤なタッチで描く。