女性のための官能映画

白衣に秘められた幻想
木曜ごご2時30分

大人の性愛を描く、それが官能映画。 大人の女性が憧れ、感動し、共感できる、愛の映画たち。世界の名匠が手掛けた作品、映画祭で高く評価された作品など、名作官能映画を厳選してお届けします。

『白衣に秘められた幻想』ほか

3月の放送作品

  • タイピスト!

    3月2日(木)14:30~

    タイピスト!

    2012年 フランス
    監督:レジス・ロワンサル
    出演:ロマン・デュリス/デボラ・フランソワ

    女性の社会進出が始まったばかりの1950年代のフランスを舞台に、タイプライターの世界大会に挑むヒロインの姿を描くドラマ。出演は『ある子供』のデボラ・フワンソワ。

  • 白衣に秘められた幻想

    3月9日(木)14:30~

    白衣に秘められた幻想

    1975年 イタリア
    監督:ネロ・ロサティ
    出演:ウルスラ・アンドレス/ジャック・パランス

    『007』シリーズの初代ボンドガールを務めたウルスラ・アンドレスが主演を務める官能ドラマ。大富豪の邸宅に派遣されたセクシーな看護婦をめぐる情欲の物語が展開する。

  • 午後の曳航

    3月16日(木)14:30~

    午後の曳航

    1976年 イギリス=日本
    監督:ルイス・ジョン・カーリーノ
    出演:サラ・マイルズ/クリス・クリストファーソン

    三島由紀夫の同名小説の映画化。英国の港町に住む少年と未亡人の母親の前に1人の男が現れたことで広がる葛藤の波紋。サラ・マイルズ、クリス・クリストファーソン出演。

  • ファム・ファタール

    3月23日(木)14:30~

    ファム・ファタール

    2002年 フランス=アメリカ
    監督:ブライアン・デ・パルマ
    出演:レベッカ・ローミン=ステイモス/アントニオ・バンデラス

    『キャリー』のブライアン・デ・パルマ監督が宝石強盗に関与したひとりの女の奇妙な運命を描くサスペンス。主演は『X-メン』シリーズのレベッカ・ローミン=ステイモス。

  • タイトロープ

    3月30日(木)14:30~

    タイトロープ

    1984年 アメリカ
    監督:リチャード・タッグル
    出演:クリント・イーストウッド/ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド

    『アルカトラズからの脱出』の脚本を手掛けたリチャード・タッグルが監督を務めたサスペンス。ニューオーリンズの街を舞台に、連続殺人事件の犯人を追う刑事の活躍を描く。

案内人:M嬢によるコラム
『白衣に秘められた幻想』

1975年/イタリア/監督:ネロ・ロサティ/出演:ウルスラ・アンドレス ジャック・パランス

「ポルノを見たことないのか あれは勉強になる」

仕事などで“女を使う”のは汚いやり方だと思いますか?個人的には、目的があってそれを達成するためなら女でも男でも使いまくれ!と思いますし、それができるのも能力のうちだとも思います。今回のお題『白衣に秘められた幻想』は、賢い女の使い方を学べる映画。その名の通りお色気ナースがあんなコトやこんなコトをしてくれる、男の夢が詰まったありがちな物語かと思いきや、そんな一筋縄ではいきません。最後に笑うのは誰か、それは一番注意深く冷静で、戦略的に女をフル活用した人間なのです。


いつものように妻の墓参りがてら墓守の女房と情事を楽しんでいたレオニーダ・ボタシン伯爵は、突然の心臓発作で倒れてしまう。知らせをききつけ親族が集まるが、彼らの狙いはボタシン伯爵の財産と彼の経営するワイン会社のみ。奇跡的に一命をとりとめた伯爵にとどめを刺すため、親族のひとりで野心家のベニートは昔の愛人であるセクシーなアンナを、専属看護師として採用する。かくしてセクシーナースによる、伯爵の心臓を止めるためのお色気大作戦が始まったのだが……。

最大の見所は超セクシーな看護師を演じる、007シリーズの初代ボンド・ガールのウルスラ・アンドレス。『007/ドクター・ノオ』が1962年なのでこの映画の13年前。いや、信じられないぐらいお肌がツヤツヤなんですけど。美しいボディを保ち、それを出し惜しみせずどんどん披露するアラフォー。素晴らしい!勇気が出るっていうか、やる気が出るっていうか、観ているこちらも気合が入ります。というか、目の周りの囲みアイラインや眉毛の薄い磨呂メイクが怖すぎて、もはやウルスラ様と呼びたくなるような風格です。ちなみに伯爵のワイン会社を狙うアメリカ人実業家役で、名作『シティ・スリッカーズ』でアカデミー賞を受賞している名優ジャック・パランスも出演していて、怪演を披露。なんでイタリア産のエロティック・コメディに出ているのかは謎です……。

そんなわけで刺客として伯爵邸に入り込んだウルスラ様は、全裸でプールで泳いでみたり、屋根裏部屋で昔の愛人ベニートと寝てみたりと、やりたい放題。ただ伯爵の看病だけは、おっぱいが半分はみ出たミニスカナース服をまといながらもきちんとこなします。そもそもが伯爵を色気で誘惑し心臓発作を引き起こさせる計画だったのに、あまりに真面目なナースぶりに業を煮やしたベニートが「さり気なく患者の顔に胸を押し当てる体温の計り方」や「うっかりペンを落とした時にお尻を突き出して探す方法」を指南しますが、一笑に付すウルスラ様。そう、彼女にはもっと壮大な野望があるので、こんなチンケ方法で女を使うことはありません。彼女が裸体を武器に闘う時、それはベニートの甥アドニスを懐柔する時、そして最後の最後にすべてを手に入れる時だけです。ウルスラ様のようにココぞという時に女が使えるよう、普段は無駄遣いせず美しさを磨いておくというのが、賢い女の心得でしょう。

(M嬢)

もっとみる

>>過去のコラムを読む

4月の放送作品

  • エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事

    4月6日(火)14:30~

    エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事

    1993年 アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    出演:ダニエル・デイ=ルイス/ミシェル・ファイファー

    ピューリッツァー賞受賞の同名小説を名匠マーティン・スコセッシが映画化。19世紀後半のニューヨークの社交界を舞台に、伯爵夫人と幼なじみの弁護士の許されぬ恋を描く。

  • 白い記憶の女

    4月13日(火)14:30~

    白い記憶の女

    1988年 イギリス
    監督:ゴードン・ヘスラー
    出演:メグ・ティリー/ルパート・フレイザー

    リチャード・アダムズの長編小説を基に、惹かれ合う男女の数奇な運命を描くエロティック・ミステリー。悲しい秘密を抱えるヒロインを『アグネス』のメグ・ティリーが熱演。

  • 恋のスクランブル

    4月20日(火)14:30~

    恋のスクランブル

    1983年 アメリカ
    監督:ルイス・ジョン・カリーノ
    出演:アンドリュー・マッカーシー/ジャクリーン・ビセット

    名門大学進学を目指す全寮制のプレップスクールを舞台にしたドラマ。親友の母親に恋をした青年のほろ苦い青春を描く。監督は『午後の曳航』のルイス・ジョン・カリーノ。

  • ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー

    4月27日(火)14:30~

    ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー

    2014年 フランス=ベルギー
    監督:トニー・マーシャル
    出演:ソフィー・マルソー/パトリック・ブリュエル

    フランスの人気女優ソフィー・マルソー主演のラブコメディ。夫婦関係専門のセラピストの男性が、助手として雇ったマルソー演じる魅惑的な女性に振り回されていく様を描く。