特集「美しくも過剰なオンナ」

ルームメイト
3/21(火) ~24(金)14:30

『ルームメイト』ほか

過剰なオンナは、恐ろしい

美しい顔の裏に秘めた、女たちの過剰な一面。
危険な香りが漂う4作品を集めました。平日14:30よりお楽しみください。

  • 恐怖のメロディ

    3月21日(火)14:30~

    恐怖のメロディ

    1971年 アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    出演:クリント・イーストウッド/ジェシカ・ウォルター

    クリント・イーストウッドの監督デビュー作で、人気DJに付きまとうストーカー女性の鬼気迫る恐怖を描いたサスペンス。師と仰ぐ名匠ドン・シーゲル監督が友情出演。

  • ルームメイト

    3月22日(水)14:30~

    ルームメイト

    1992年 アメリカ
    監督:バーベット・シュローダー
    出演:ブリジット・フォンダ/ジェニファー・ジェイソン・リー

    『運命の逆転』のバーベット・シュローダー監督が手掛けるサイコ・サスペンス。次第に狂気に憑かれていく女性と、彼女と同居する主人公が体験する恐怖を生々しく描き出す。

  • ファム・ファタール

    3月23日(木)14:30~

    ファム・ファタール

    2002年 フランス=アメリカ
    監督:ブライアン・デ・パルマ
    出演:レベッカ・ローミン=ステイモス/アントニオ・バンデラス

    『キャリー』のブライアン・デ・パルマ監督が宝石強盗に関与したひとりの女の奇妙な運命を描くサスペンス。主演は『X-メン』シリーズのレベッカ・ローミン=ステイモス。

  • 血の伯爵夫人

    3月24日(金)14:30~

    血の伯爵夫人

    2009年 ドイツ=フランス=アメリカ
    監督:ジュリー・デルピー
    出演:ジュリー・デルピー/ダニエル・ブリュール

    吸血鬼伝説のモデルともなった実在の悪女の恐ろしくも哀しい物語を描く歴史劇。人気女優のジュリー・デルピーが主演のみならず・監督・共同製作・脚本・音楽も務める。