『ロッキー』日本公開40周年記念特集 『ロッキー』日本公開40周年記念特集

『ロッキー』と、育った。

1977年の『ロッキー』は、衝撃だった。
アカデミー作品賞受賞を受けてのゴールデンウィーク公開。
名作との出会いに期待をふくらませた観客を、ロッキーは裏切らなかった。
下町の三流ボクサーと、彼を応援する仲間たちが織り成す人間模様。
不屈の闘志を見せ、何度倒されてもチャンピオンに立ち向かうロッキー。
激戦を戦い抜き、恋人の名を叫ぶロッキー。

あのとき、 『ロッキー』にもらった、あの熱さ。
今でも、胸の中に残っている。

映画史にその名を刻む『ロッキー』日本公開40周年を記念して、
伝説の『ロッキー』を、素材にこだわり完全放送!

MGM90周年を記念して制作された『ロッキー[4Kレストア版]』を放送!
※4Kレストア版をマスターとした2Kダウンコンバート放送

オリジナル撮影画面そのまま天地カット無しの『ロッキー[スタンダードサイズ版]』を一夜限りの特別放送!

1983年10月3日TBS系「月曜ロードショー」にて放送されたノーカット吹替音源による『ロッキー[吹替版]』と 1984年10月8日TBS系「月曜ロードショー」にて放送されたノーカット吹替音源による『ロッキー2[吹替版]』を放送!

特別番組「名曲で振り返る『ロッキー』」を放送!
ナレーションを務めるのはロッキーの声で知られる羽佐間道夫!

字幕版・放送日程

6/24 12:30
『ロッキー [4Kレストア版]』

シルヴェスター・スタローンをスターダムに押し上げた伝説の大ヒット作。無名のボクサー、ロッキーの挑戦を描く。

1976年 アメリカ

監督:ジョン・G・アヴィルドセン

出演:シルヴェスター・スタローン/タリア・シャイア/バート・ヤング/カール・ウェザース

MGM90周年を記念して制作された[4Kレストア版]!
※4Kレストア版をマスターとした2Kダウンコンバート放送

ロッキー [4Kレストア版]

6/24 14:45
『ロッキー2』

前作でアメリカン・ドリームを体現したシルヴェスター・スタローンが自らメガホンを取った続編。新妻の愛に支えられ、宿敵アポロと再びリングで闘うロッキーの姿を描く。

1979年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン/タリア・シャイア/バート・ヤング/カール・ウェザース

ロッキー2

6/24 17:00
『ロッキー3』

シルヴェスター・スタローンが不屈のボクサーを演じる人気シリーズ第3弾。チャンピオンとなってハングリー精神を失ったロッキーに、強敵ボクサーが挑戦状を叩きつける。

1982年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン/タリア・シャイア/バート・ヤング/バージェス・メレディス

ロッキー3

6/24 19:00
『ロッキー4/炎の友情』

シルヴェスター・スタローンが不屈のボクサーを演じる人気シリーズ第4弾。かつての宿敵で親友アポロの命を奪った屈強なボクサーを相手に、ロッキーが仇討ち戦を挑む。

1985年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン/タリア・シャイア/バート・ヤング/ドルフ・ラングレン

ロッキー4/炎の友情

6/24 21:00
『ロッキー5/最後のドラマ』

シルヴェスター・スタローン主演の名作シリーズ第5弾。現役引退を決意したロッキーが帰郷してトレーナーとなり、若き新人ボクサーを育てていく姿を描く。

1990年 アメリカ

監督:ジョン・G・アヴィルドセン

出演:シルヴェスター・スタローン/タリア・シャイア/セイジ・スタローン/トミー・モリソン

ロッキー5/最後のドラマ

6/24 23:00
『ロッキー・ザ・ファイナル』

シリーズ30周年、シルヴェスター・スタローン自らメガホンを取った感動の完結編。ボクサーを引退したロッキーが、再起を懸けて現役チャンピオンに無謀な復帰戦を挑む。

2006年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン/バート・ヤング/アントニオ・ターヴァー/ジェラルディン・ヒューズ

ロッキー・ザ・ファイナル

一夜限りの特別放送!

上下カット無しのスタンダードサイズ版を放送!
6/24 深夜1:00
『ロッキー [スタンダードサイズ版]』

シルヴェスター・スタローンを一躍スターにした大ヒット作。無名ボクサー、ロッキーの挑戦を描く。

1976年 アメリカ

監督:ジョン・G・アヴィルドセン

出演:シルヴェスター・スタローン/タリア・シャイア/バート・ヤング/カール・ウェザース

画像を比べると通常版では赤枠あたりの映像がカットされているのがわかる

通常版(16:9=左右の幅に合わせて上下カット)

通常版(16:9=左右の幅に合わせて上下カット)

スタンダードサイズ版(4:3=撮影時のサイズそのまま)

スタンダードサイズ版(4:3=撮影時のサイズそのまま)

ブルーレイソフト未収録!

オリジナル撮影画面そのまま天地カット無しの
『ロッキー[スタンダードサイズ版]』を特別放送!

撮影時のサイズは4:3
(懐かしのアナログテレビサイズ)

今では上下をカットした
16:9の映像しか見られない

ここでしか見られない、
貴重なオリジナルバージョン!

※SD素材のHDアップコンバート放送

米公開時オリジナル予告編を特別放送!
『ロッキー』の同期、1977年日本公開映画も特集放送!
6/25 21:00
『ガントレット』

組織がらみの重要事件の証人の護送を命じられた警官の活躍を描くクリント・イーストウッド監督・主演作。共演は『愛すれど心さびしく』『アウトロー』のソンドラ・ロック。

1977年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/ソンドラ・ロック/パット・ヒングル/ウィリアム・プリンス

ガントレット
6/25 23:00
『サスペリア』

ダリオ・アルジェントを一躍イタリアン・ホラーの巨匠へと押し上げた代表作。ドイツのバレエ学校に入学した少女を襲う恐怖を描き、日本でも大ヒットを記録した。

1977年 イタリア

監督:ダリオ・アルジェント

出演:ジェシカ・ハーパー/アリダ・ヴァリ/ジョーン・ベネット/ミゲル・ボゼ

サスペリア

吹替版・放送日程

6/29 21:00
『ロッキー [吹替版]』

シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げ、アメリカン・ドリームの代名詞として語り継がれる伝説の大ヒット作。羽佐間道夫による吹替版。

1976年 アメリカ

監督:ジョン・G・アヴィルドセン

出演:シルヴェスター・スタローン(羽佐間道夫)/タリア・シャイア(松金よね子)/バート・ヤング(富田耕生)/カール・ウェザース(内海賢二)

ブルーレイソフト未収録!
1983年10月3日TBS系「月曜ロードショー」にて放送されたノーカット吹替音源!

ロッキー [吹替版]

6/29 23:10
『ロッキー2 [吹替版]』

主演のシルヴェスター・スタローンが自らメガホンを取った続編。新妻の愛に支えられ、宿敵アポロと再びリングで闘うロッキーの姿を描く。羽佐間道夫による吹替版。

1979年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン(羽佐間道夫)/タリア・シャイア(松金よね子)/バート・ヤング(富田耕生)/カール・ウェザース(内海賢二)

ブルーレイソフト未収録!
1984年10月8日TBS系「月曜ロードショー」にて放送されたノーカット吹替音源!

ロッキー2 [吹替版]

6/29 深夜1:20
『ロッキー3 [吹替版]』

シルヴェスター・スタローンが不屈のボクサーを演じる人気シリーズ第3弾。ハングリー精神を失ったロッキーに強敵ボクサーが挑戦状を叩きつける。羽佐間道夫による吹替版。

1982年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン(羽佐間道夫)/タリア・シャイア(松金よね子)/バート・ヤング(富田耕生)/バージェス・メレディス(千葉耕市/槐柳二)

ロッキー3 [吹替版]

6/30 21:00
『ロッキー4/炎の友情 [吹替版]』

シルヴェスター・スタローンが不屈のボクサーを演じるシリーズ第4弾。親友となったアポロの命を奪ったボクサーに、ロッキーが仇討ち戦を挑む。羽佐間道夫による吹替版。

1985年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン(羽佐間道夫)/タリア・シャイア(松金よね子)/バート・ヤング(富田耕生)/ドルフ・ラングレン(若本規夫)

ロッキー4/炎の友情 [吹替版]

6/30 22:40
『ロッキー5/最後のドラマ [吹替版]』

シルヴェスター・スタローン主演の名作シリーズ第5弾。現役引退を決意したロッキーが帰郷してトレーナーとなり、新人ボクサーを育てる姿を描く。羽佐間道夫による吹替版。

1990年 アメリカ

監督:ジョン・G・アヴィルドセン

出演:シルヴェスター・スタローン(羽佐間道夫)/タリア・シャイア(松金よね子)/セイジ・スタローン(亀井芳子)/トミー・モリソン(古田信幸)

ロッキー5/最後のドラマ [吹替版]

6/30 深夜0:30
『ロッキー・ザ・ファイナル [吹替版]』

シルヴェスター・スタローンが自らメガホンを取った完結編。ボクサーを引退したロッキーが再起を懸け現役チャンピオンに無謀な復帰戦を挑む。羽佐間道夫による吹替版。

2006年 アメリカ

監督:シルヴェスター・スタローン

出演:シルヴェスター・スタローン(羽佐間道夫)/バート・ヤング(富田耕生)/アントニオ・ターヴァー(竹田雅則)/ジェラルディン・ヒューズ(高島雅羅)

ロッキー・ザ・ファイナル [吹替版]

『ロッキー』の同期、1977年日本公開映画も特集放送!

7/2 21:00
『キャリー(1976)』

ホラーの帝王スティーヴン・キングの小説をブライアン・デ・パルマ監督が映画化。虐げられてきた女子高生が怒りを引き金に起こす惨劇を描いた名作ホラー・サスペンス。

1976年 アメリカ

監督:ブライアン・デ・パルマ

出演:シシー・スペイセク/パイパー・ローリー/ウィリアム・カット/ジョン・トラヴォルタ

キャリー(1976)
7/2 22:45
『家(1976)』

ロバート・マラスコの原作小説を『血の唇』のダン・カーティス監督が映画化したホラー。別荘を舞台に怪現象に襲われる家族が体験する恐怖を描く。主演はカレン・ブラック。

1976年 アメリカ

監督:ダン・カーティス

出演:カレン・ブラック/オリヴァー・リード/バージェス・メレディス/アイリーン・ヘッカート

家(1976)
7/2 深夜0:50
『オードリー・ローズ』

輪廻転生をテーマにしたフランク・デ・フェリッタの同名小説を、ロバート・ワイズ監督が映画化した心霊サスペンス。出演はマーシャ・メイソン、アンソニー・ホプキンスら。

1977年 アメリカ

監督:ロバート・ワイズ

出演:アンソニー・ホプキンス/マーシャ・メイソン/ジョン・ベック/スーザン・スウィフト

オードリー・ローズ

名曲で振り返るロッキー名曲で振り返るロッキー

『ロッキー』の声で知られる羽佐間道夫ナレーションによる特別番組!

今からちょうど40年前。1977年に日本で初公開され、映画史にその名を刻んだ「ロッキー」。
誰もが勇気をもらったあのテーマ曲から、サバイバーが歌ったヒット曲まで、「ロッキー」の世界観を彩る名曲とともに、「ロッキー」の名場面をご紹介する、特別番組を放送します。

ナレーションは「ロッキー」のロッキー・バルボアをあてた声優界のレジェンド羽佐間道夫さん!
懐かしのあの曲を、懐かしのあの声とともに、お楽しみください。

『ロッキー』を彩る名曲

  • Going The Distance(ロード・ワーク)/「ロッキー」
  • Redemption(ロッキー2のテーマ)/「ロッキー2」
  • Eye Of The Tiger(アイ・オブ・ザ・タイガー)/「ロッキー3」
  • Burning Heart(バーニング・ハート)/「ロッキー4」
  • CAN'T STOP THE FIRE(キャント・ストップ・ザ・ファイア)/「ロッキー5」
  • Gonna Fly Now(ロッキーのテーマ)/「ロッキー・ザ・ファイナル」
羽佐間 道夫(はざま みちお)
ナレーター:羽佐間 道夫(はざま みちお)

1933年10月7日生まれ。東京都出身。
日本の声優業界を代表する重鎮の一人。シリアスな役、コミカルな役、ヒーロー役から冷酷非情な悪役までこなすその芸域の広さ故に、「困ったときの羽佐間」と呼ばれていた。

羽佐間道夫さんナレーションによる、『ロッキー』日本公開40周年記念特集の特別予告も放送!