86歳、現役。史上最大のイーストウッド特集 6月2日(木)より 52週連続、52作品。 86歳、現役。史上最大のイーストウッド特集 6月2日(木)より 52週連続、52作品。

クリント・イーストウッドの映画人生をたどる

1959年、テレビ西部劇『ローハイド』で名を知られ、1964年、イタリアへ渡り『荒野の用心棒』に出演。
ー友人たちには「茨の道(マル・パソ)」だと言われた。
1968年、映画製作会社マルパソ・カンパニーを設立し、1971年、『恐怖のメロディ』で初監督を果たす。
それから45年に渡り、映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、作曲家として映画界の一線を走り続け、主演又は監督として携わった劇映画は58作におよぶ。そして現在、59作目となる映画『ハドソン川の奇跡』の公開を9月に控えている。

今回イマジカBSでは、稀代の映画人クリント・イーストウッドの映画人生をたどるべく、彼が主演又は監督として携わった52作品を52週連続で特集放送する。フィルモグラフィーをほとんど網羅するテレビ放送史上最大規模(※)のイーストウッド特集だ。命がけで映画に力を注いできたイーストウッドの作品だけに、その全てに強烈な個性が漂っている。それでいて、常に変わることを恐れず、野心的に新しいテーマを取り上げる創造性にも気づかされる。

86歳、現役。その映画人生は、いまだ途上だ。
これからのイーストウッドを楽しむためにも、これまでのイーストウッドをとことん味わい尽くしていただきたい。

※2016年4月現在、当社調べ。

クリント・イーストウッド

3月の放送作品

3/2(木)21:00『ザ・シークレット・サービス』

23年ぶりに俳優としてのみ参加した作品

シークレット・サービスが製作に全面協力した、映画史上最初の作品である。

ロバート・レッドフォード、トミー・リー・ジョーンズ、ショーン・コネリーほか、多くの俳優たちが主人公のホリガン役の候補となったが、イーストウッドは最初脚本を読んだとき「まるで自分のために書かれたようだ」と気に入り、出演を熱望した。その結果、「戦略大作戦」以来、実に23年ぶりに製作も監督も手がけず、俳優として出演するだけの、そして初めてのコロンビア映画出演作品となった。また音楽のエンニオ・モリコーネとも、「真昼の死闘」以来23年ぶりの顔合わせ。

俳優としてだけ、とは言っても、ウォルフガング・ペーターゼン監督の起用はイーストウッドの推薦によるものである。

ペーターゼン監督は期待に応えて、見事な演出手腕を発揮した。ホリガンに突きつけられた銃口を、暗殺者が口にくわえる場面はジョン・マルコヴィッチのアドリブだったが、これを気に入ったペーターゼンは、そのまま本編にも採用した。「私には、あれがどんな種類の発狂の象徴だったのかわからない。確かにリハーサルでは、あんなことはしなかった」と語っているイーストウッドだが、自作「ルーキー」の中でも、人質となった主人公が、突きつけられた銃口を口にくわえる場面がある。

そのマルコヴィッチは、孤高の暗殺者になりきるため、1ヶ月間自宅に引きこもり、電話にも出ようとしなかった。テレビもニュース番組以外は、一切観ようとしなかった。

そんなマルコヴィッチの熱演を受け止めるため、撮影当時62歳だったイーストウッドは、アクションシーンのほとんどを自ら演じた。6階建てのビルの屋上からぶら下がる場面も、自ら演じている。

同僚女性レネ・ルッソに自らのトラウマを語りながら涙を見せる場面では、繊細な演技も披露している。

ザ・シークレット・サービス

1993年 アメリカ

監督:ウォルフガング・ペーターゼン

出演:クリント・イーストウッド/
ジョン・マルコヴィッチ

3/9(木)21:00『恐怖のメロディ』

“巨匠”の誕生、記念すべき監督第1作

テレビ「ローハイド」に出演しているときからの念願だった監督の機会をついにイーストウッドが手にした記念すべき作品。“スーパースター”イーストウッドではない、“巨匠”イーストウッドのキャリアは、「恐怖のメロディ」からスタートしたのだ。実際、すでにスターとなっていたイーストウッドは、高額の出演料を返上し、俳優組合が定める最低限のギャラで主演を引き受けることを条件に、自らが監督も兼ねることを映画会社に納得させたのである。

「ローハイド」や、映画の出演作品で多くの優秀な、時には優秀とはとても言えない、監督たちから多くのことを学んだイーストウッドだったが、映画監督デビューということになれば、この人に敬意を払わないわけにはいかない。すでに「マンハッタン無宿」、「白い肌の異常な夜」で一緒に仕事をし、後に両者にとって決定打となる「ダーティハリー」でも組むことになるドン・シーゲル監督を、イーストウッドは「恐怖のメロディ」に、バーテンダーの役でカメオ出演させている。

もっともイーストウッドの“恩師”への敬意の表し方は、なかなか荒っぽく、ユーモラスなものだった。自分自身と同じように早撮りを好み、撮り直しを嫌うシーゲルに、イーストウッドは同じ場面をわざと十一回も演じさせ、それからカメラにフィルムをセットするよう撮影監督に命じてみせたのだった。

この作品のロケ地であるカーメルがすっかり気に入ったイーストウッドは、カーメルを愛し続け、後には市長まで務めることとなった。実際のモンタレー・ジャズ・フェスティバルでロケが行われているのも、音楽好きのイーストウッドらしいところである。

女性ストーカーに脅かされる主人公を描いたサスペンスということで、八十七年に「危険な情事」が大ヒットした際には、多くの映画ファンが「恐怖のメロディ」を思いだし、こちらの方が出来が良いことを確認した。

恐怖のメロディ

1971年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジェシカ・ウォルター

3/16(木)21:00『タイトロープ』

今度の敵は、自らの心の闇

「ダーティハリー2」の脚本に大きな貢献をしたマイケル・チミノを「サンダーボルト」の監督に抜擢したように、「アルカトラズからの脱出」の脚本を高く評価したイーストウッドは、リチャード・タッグルを「タイトロープ」の監督に起用した。しかし、イーストウッドの期待に見事に応えたチミノとは違い、タッグルは自作脚本の撮影に迷いを見せ、撮影開始からトラブルが続いた。間もなく、イーストウッドが演出を担当するようになり、「タイトロープ」は事実上、クリント・イーストウッド監督作品として完成したのである。

「私の魅力は、私が演じる人物だ。答えをすべて持っている超人は2倍かっこいいし、社会も、社会の警察の助けもなしで、独力で存在している。…しかし、現実にはそんなことはありえない。人間はいつも個人でありたいという夢を持っているが、実際には人間は群れる動物だ」イーストウッドは、「タイトロープ」での自分の役について、こう語っている。

この言葉通り、「タイトロープ」でイーストウッドが演じているのは腕っ節の強いスーパー・ヒーローではない。妻に去られ、娘たちの教育に悩み、それ以上に自らのうちに存在する暗い欲望に苛まれている。映画の始めの方で殺人鬼の履いているスニーカーがクローズアップになり、場面が変わると別の人物のスニーカーがアップになる。これを履いているのがイーストウッド。主人公のブロック刑事の初登場場面だ。最初から、刑事と殺人鬼とが同じコインの表と裏であることが強調される。

殺人鬼の捜査を進める中で、ブロック刑事は娼婦との手錠を使ったSM的なセックスに溺れる。その後、殺人鬼はその娼婦を殺すが、その死体には手錠が…。

ブロック刑事の敵は、自分自身の心の中の闇なのだ。だからこそ、クライマックスで、ブロック刑事は犯人のマスクを剥ぎ、そこにあるのが自分自身の顔ではないことを確かめずにはいられないのだ。

タイトロープ

1984年 アメリカ

監督:リチャード・タッグル

出演:クリント・イーストウッド/
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド

3/23(木)21:00『荒鷲の要塞』

イーストウッドの大暴れが見物の大作戦争アクション

スティーヴン・スピルバーグとクエンティン・タランティーノがもっとも愛するクリント・イーストウッド作品。タランティーノによれば「荒鷲の要塞」は、「クリントが大量殺戮するのにちょうどいい時期に集まってくる、信じられないほど無能なドイツ兵の話」であり、イーストウッド自身は「リチャード・バートンと私は2時間の間に大勢のナチを殺した。それなのに、なぜ、あんなに戦争は時間がかかるのだろう、と私は思った」とユーモアを込めて語っている。

とは言え「荒鷲の要塞」のオリジナル・シナリオを執筆したのは「ナバロンの要塞」の原作者でもある冒険小説の巨匠アリステア・マクリーン(原作とされることも多いが、当時マクリーン作品はすべて映画化権が売れていたため、マクリーンはプロデューサーの依頼でシナリオを執筆し、そのあと小説化して出版した)。プロットは巧妙に練り上げられていて、アクションだけでなく、どんでん返しも連続する。

スタジオでの撮影中も、妻であるエリザベス・テイラーを伴ったスイスのロケ地でも、酒豪で知られるリチャード・バートンは絶え間なく酒を飲み続けた。「荒鷲の城」内での長ゼリフの場面で、バートンは両手で拳銃を持っている。片手で持つと手が震えて銃が揺れてしまうために、両手で支えねばならなかったのだ。

現場でプロに徹しない俳優やスタッフを嫌うイーストウッドだが、バートンの演技力と美声には感銘を受け、バートンともテイラーとも親しくなったため、演技はバートンに任せ、殺人は自分が引き受けることを決意した。イーストウッドは「荒鷲の要塞」の中で、もっとも多くの人を殺めている。

これもまた、後の傑作「硫黄島からの手紙」、「グラン・トリノ」など、反戦、反暴力へと成熟していくイーストウッドの辿った、段階の一つなのである。

荒鷲の要塞

1968年 アメリカ=イギリス

監督:ブライアン・G・ハットン

出演:リチャード・バートン/
クリント・イーストウッド

3/30(木)21:00『ホワイトハンター ブラックハート』

娯楽とアートを両立させる映画作家

「ホワイトハンター ブラックハート」でクリント・イーストウッドが演じている人物のモデルは、アメリカ映画の巨匠ジョン・ヒューストン。物語はヒューストンがハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘプバーンの共演作「アフリカの女王」を撮影したときの、と言うか、撮影を始めようとしなかったときの、実話を基にしている。

四十年近く眠っていた脚本を発見し、強く惹かれたイーストウッドは、娯楽アクション「ルーキー」の監督と主演を引き受けることを条件にワーナー・ブラザースを説き伏せ、「ホワイトハンター ブラックハート」の製作を実現させた。イーストウッドはヒューストンと面識が無く、また映画製作が決定した時点でヒューストンは故人となっていたため、ジョン・ヒューストンの娘であるオスカー女優アンジェリカ・ヒューストンのもとを訪ね、映画人としての、そして家庭人としてのジョン・ヒューストンについて教えを請うた。体の動かし方、常に葉巻を手にしているところなど、イーストウッドはアンジェリカのアドバイスを受けながら役作りを進めたが、もっとも力を入れたのは声の出し方である。イーストウッドのファンなら、いつもとは違った声の出しかた、セリフのイントネーションに気づくはずである。

「わたしはいつも『ホワイトハンター ブラックハート』で演じた人物ジョン・ウィルソンの台詞を引用している、『ポップコーンを食べる800万人の観客に引きずり回されるわけにはいかない』」クリント・イーストウッドは、かつてこう語った。

ジョン・ヒューストンは、長年に渡って観客を楽しませながら、しかし観客に引きずり回されることはなく、アーティストとしての高い評価を後世に残した。娯楽とアートを両立させ、最高の映画作家としての評価を確立したという点において、ヒューストンとイーストウッドは、とてもよく似ている。

ホワイトハンター ブラックハート

1990年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジェフ・フェイヒー

4月の放送作品

4/6(木)21:00『荒野のストレンジャー』

西部劇の伝統を破壊したよそ者(ストレンジャー)

「荒野のストレンジャー」を観て怒り心頭に発したジョン・ウェインが、わざわざイーストウッドに手紙を書いたというのは有名なエピソードである。

「彼は映画をこきおろして、これは西部劇ではないと言った。私は彼やゲイリー・クーパーやほかの人々がやってきたことから離れようとしていたのだ」とイーストウッド。イーストウッドは、セルジオ・レオーネが「荒野の用心棒」で、サム・ペキンパーが「ワイルド・バンチ」で、ジョージ・ロイ・ヒルが「明日に向かって撃て!」で、寄って集って破壊した西部劇の伝統に、「荒野のストレンジャー」でとどめを刺したかのようにも見える。

だが、監督第二作目に西部劇を選んだイーストウッドは、その後、「アウトロー」、「ペイルライダー」、(純粋なウエスタンとは言えないにしても)「ブロンコ・ビリー」などの作品で西部劇の伝統を過去から現在へと繋ぎ、ついには「許されざる者」で、ウエスタンというジャンルを一つの完成形へと導くことになる。まさしく「創造のための破壊」、それが「荒野のストレンジャー」なのである。

「荒野のストレンジャー」でコミュニティを破壊するイーストウッドは、「アウトロー」でコミュニティを再生させ、「ペイルライダー」では、コミュニティの守護神となる。

最初の脚本では、街に現れるストレンジャーは、殺された保安官の弟だという設定になっていた。ラストに街を去るストレンジャーが、街にいる間の記憶を完全に失っているという描写で、ストレンジャーは保安官の霊に憑依されていたのだということを示唆するバージョンの脚本もあった。主人公の背景を描かず、観客の想像に任せた方が、自分の魅力が引き立つということを、セルジオ・レオーネとの仕事で理解していたイーストウッドはどちらも気に入らず、ストレンジャーが誰なのかを謎のままにした。ストレンジャーの正体は、観客である、あなたが考えることなのだ。

荒野のストレンジャー

1972年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ヴァーナ・ブルーム

4/13(木)21:00『アウトロー(1976)』

オーソン・ウェルズに認められた傑作西部劇

「この映画を四回目に見たときに確信したんだ。これは偉大な西部劇だとね。ジョン・フォードやハワード・ホークスの作品に匹敵する」テレビ番組でこう語ったのは、あのオーソン・ウェルズである。

伝説の天才にここまで認められたのだから、監督をしていたフィリップ・カウフマンを解雇して、イーストウッド自らがメガホンを取ることにした決定は正解だったのだろう。しかし、カウフマンを解雇したことは論議を呼び、「アウトロー」以降、映画監督協会は撮影中の作品の監督が解雇された際、その作品のクルーや出演者が監督を引き継ぐことを禁止するようになった。この決まりは現在でも「イーストウッド・ルール」と呼ばれている。

「アウトロー」が公開されたのは、ベトナム戦争がついに終結した翌年、そしてアメリカ建国二百周年に当たる一九七六年である。主人公のジョージー・ウェールズが家族の復讐のために仇を追い求めるというのは、典型的な西部劇の設定だが、すべてを失って孤独になった主人公の周囲にはぐれ者たちが集まり、新たな家族/コミュニティが誕生していくというのは新しかった。ここにはアメリカの再生への希望が込められているのである。

ラスト、(「ダーティハリー」でもイーストウッドと共演していた)ジョン・ヴァーノン演じる元上官と、ウェールズが交わす会話は深い意味を持っている。ここで主人公が口にする「あの戦争」とは、もちろん劇中では南北戦争のことだが、公開当時の、そしておそらく今でも、多くの観客がベトナム戦争と重ね合わせて解釈したはずなのだ。

このラストにも顔を出している、バーテンダー、ケリー役のマット・クラークは、一九九〇年の西部劇(?)「バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅢ」にもバーテンダー役でカメオ出演し、“クリント・イーストウッド”を自称するマクフライ(マイケル・J・フォックス)のお相手を務めている。

アウトロー(1976)

1976年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジョン・ヴァーノン

4/20(木)21:00『戦略大作戦』

後の傑作につながる戦争映画の娯楽作

「この映画は戦争映画の最高傑作の一本になれたかもしれない。そして、そうなるべきだった。しかし、どういうわけか、すべてがおかしくなった。結局、第二次大戦のアメリカの怠け者集団の話になってしまった」というイーストウッド自身の言葉を聞けば、「戦略大作戦」のことを大失敗作だと考えてしまうかもしれない。だが、この作品は「第二次大戦のアメリカの怠け者集団の話」だと割り切れば、実に愉快で楽しい。元々のシナリオにあった反戦テーマを、編集の段階で大幅にカットされたことで、ブライアン・G・ハットン監督とイーストウッドは怒り、製作会社に抗議したが無駄に終わった。この時は。

イーストウッドがのちに、戦争映画とユーモアを、より繊細な形で融合させた「ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場」や、反戦のテーマを前面に打ち出した「父親たちの星条旗」、「硫黄島からの手紙」、「アメリカン・スナイパー」などの傑作群を世に送り出していくことを考えれば、彼が「戦略大作戦」で味わった怒りと失望は、やがて大きな実を結ぶことになったと言っていいだろう。

俳優としてのイーストウッドは、テリー・サヴァラス、人気コメディアン、ドン・リックルズ、曲者俳優ドナルド・ザザーランドらとの、ユーゴスラビアでのロケ撮影を大いに楽しんだ。

サザーランドの当時の妻が、過激派集団ブラック・パンサーのために、本名をサインした小切手を使って手榴弾を買おうとしてFBIに逮捕されたと、ユーゴにいるサザーランドに伝えたのはイーストウッドだった。イーストウッドは悪い知らせを伝えながら、“本名”のところで大笑いしすぎて立っていられなくなり、サザーランドが助け起こさねばならなかったという。

このエピソードはふたりの友情に悪影響を与えなかったらしく、イーストウッドとサザーランドは三〇年後に「スペース・カウボーイ」で仲良く再共演している。

戦略大作戦

1970年 アメリカ

監督:ブライアン・G・ハットン

出演:クリント・イーストウッド/
テリー・サヴァラス

4/27(木)21:00『ブラッド・ワーク』

(今のところ)最後のアクション主演作

クリント・イーストウッドが、タフなアクション・ヒーローを演じた(今のところ)最後の作品。「ダーティハリー」シリーズの新作を長年待ち続けたファンへの贈り物とも言える映画だ。だが、それだけではない。マイケル・コノリーのベストセラーを原作とするこの作品は、犯人当てのミステリー作品としても一級品である。

そしてゲラの段階で原作の映画化権を獲得するほど、イーストウッドが、この素材を気に入った理由はもう一つあった。

「マッケイレブの弱さが特に気に入った。肉体的にも心理的にも弱いところが」とイーストウッドは語っている。心臓移植手術の経験者という主人公の設定は、撮影当時すでに七十歳を越えていたイーストウッドにふさわしい肉体的、心理的な深みを、主人公のキャラクターに与えている。

マッケイレブの主治医を演じているのはオスカー女優のアンジェリカ・ヒューストン。アンジェリカの父である巨匠ジョン・ヒューストンをモデルにした役をイーストウッドは、「ホワイトハンター ブラックハート」で演じている。父の動脈瘤手術に立ち会った経験のあるアンジェリカは、イーストウッドの主治医を演じることに複雑な感慨を抱いたと語っている。

後にアンジェリカ・ヒューストンは、最初は自分が監督するつもりだった「ミリオンダラー・ベイビー」の企画をイーストウッドに譲ることとなる。

もう一人の共演者であるジェフ・ダニエルズは、いつもは物静かで知的な老人が、カメラが回り出した瞬間に伝説の“クリント・イーストウッド”に変身する姿に驚愕した。ダニエルズは、これほどの変身を見せつけられたのは「ラグタイム」(81)でジェームズ・キャグニーと共演して以来だと語っている。キャグニーはイーストウッドがもっとも敬愛する映画スターである。

ブラッド・ワーク

2002年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジェフ・ダニエルズ