86歳、現役。史上最大のイーストウッド特集 6月2日(木)より 52週連続、52作品。 86歳、現役。史上最大のイーストウッド特集 6月2日(木)より 52週連続、52作品。

クリント・イーストウッドの映画人生をたどる

1959年、テレビ西部劇『ローハイド』で名を知られ、1964年、イタリアへ渡り『荒野の用心棒』に出演。
ー友人たちには「茨の道(マル・パソ)」だと言われた。
1968年、映画製作会社マルパソ・カンパニーを設立し、1971年、『恐怖のメロディ』で初監督を果たす。
それから45年に渡り、映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、作曲家として映画界の一線を走り続け、主演又は監督として携わった劇映画は58作におよぶ。そして現在、59作目となる映画『ハドソン川の奇跡』の公開を9月に控えている。

今回イマジカBSでは、稀代の映画人クリント・イーストウッドの映画人生をたどるべく、彼が主演又は監督として携わった52作品を52週連続で特集放送する。フィルモグラフィーをほとんど網羅するテレビ放送史上最大規模(※)のイーストウッド特集だ。命がけで映画に力を注いできたイーストウッドの作品だけに、その全てに強烈な個性が漂っている。それでいて、常に変わることを恐れず、野心的に新しいテーマを取り上げる創造性にも気づかされる。

86歳、現役。その映画人生は、いまだ途上だ。
これからのイーストウッドを楽しむためにも、これまでのイーストウッドをとことん味わい尽くしていただきたい。

※2016年4月現在、当社調べ。

クリント・イーストウッド

2月の放送作品

2/2(木)21:00『マディソン郡の橋』

俳優としての見せ場より作品を優先した

ロバート・ジェームズ・ウォーラーによる原作は、全米のみならず、全世界で、そして日本でも社会現象となるほどの大ベストセラーとなった。だが、今となっては、この本はすっかり忘れ去られ、手にする人は希である。一方、映画版「マディソン郡の橋」は背部・ストーリーの古典として、今後も語り継がれていくはずだ。

カトリーヌ・ドヌーヴ、スーザン・サランドン、ジェシカ・ラングら、錚々たる演技派女優たちが出演を希望し、製作会社はより若い世代の女優を希望したにもかかわらず、イーストウッドはメリル・ストリープこそがヒロインにふさわしいと考えた。原作の最初の数ページを読んでゴミ箱に捨ててしまっていたストリープは、最初出演を辞退。あきらめきれなかったイーストウッドは自らストリープに電話をかけて、脚本だけでも読んでみてほしいと依頼した。原作に欠けていたものを脚本の中に見出したストリープは出演を快諾することとなった。

撮影が始まると、ストリープはイーストウッドが自分が考えていたよりもずっと優れた俳優であることを知った。

二人が口論をする場面で、イーストウッド演じるロバートは泣いてしまう。だが、この場面でイーストウッドはカメラに背を向けているので、観客に彼の泣き顔は見えない。ストリープは不思議に思い、どうして俳優としての見せ場となるはずの場面を、そんな風に撮影したのかとイーストウッドに尋ねた。

「ロバートの泣き顔を直接観客に見せず、想像させる方が、この場面は力強くなると思ったからだよ」とイーストウッドは答えた。俳優として自分が輝くことよりも、作品そのものを優先するイーストウッドの姿勢にストリープは驚嘆し、感服したという。

雨の中のクライマックスは、イーストウッドの演出技術の頂点とも言える、感動的な見せ場となっている。

マディソン郡の橋

1995年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
メリル・ストリープ

2/9(木)21:00『マンハッタン無宿』

イーストウッドとシーゲルの名コンビ誕生

「マンハッタン無宿」は、当初の予定ではテレビ用作品として製作されるはずだった。しかし、イーストウッドと三本の映画出演契約を結んでいたユニバーサルは、イーストウッドを主演にすれば「マンハッタン無宿」は魅力的な映画になるはずだと考え、映画化が決定した。テレビ版の監督を務めるはずだったアレックス・シーゲルが早い段階で降板したため、監督探しが緊急の課題となった。そして浮上したのが、職人監督ドン・シーゲルだった。SF映画の傑作「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」など、一部の作品は高く評価されていたものの、シーゲルは基本的には低予算の作品を素早く仕上げる監督として評価されていた。だが、プロに徹するシーゲルの撮影スタイルは、テレビの世界で鍛えられたイーストウッドの好みと合致し、二人はすぐに親友となった。「アイデアが上手くいけば、俺の手柄だ。上手くいかなければアイデアが悪いのさ」と、いつも口にしながら、てきぱきと撮影を進めていくシーゲルのスタイルは、イーストウッドの演出スタイルの手本ともなるもので、シーゲルはイーストウッドの監督としての師匠となる。

西部からニューヨークにやってきたカウボーイ・スタイルの警官が、慣れない大都会で大暴れするという設定は、やはりユニバーサルが製作したヒットテレビシリーズ「警部マクロード」に、そのまま利用された。名優リー・J・コッブとイーストウッドの辛辣で、どこかユーモラスなやりとりは、クライマックスのバイク・チェイスと共に「マンハッタン無宿」の大きな見せ場だが、「警部マクロード」では、デニス・ウィーヴァー演じるマクロードと、J.D.キャノン演じる上司との、喧嘩友達式のやりとりに受け継がれている。

「マンハッタン無宿」は、イーストウッドとシーゲルの名コンビ誕生作品であり、傑作「ダーティハリー」の原型とも言える作品である。

マンハッタン無宿

1968年 アメリカ

監督:ドン・シーゲル

出演:クリント・イーストウッド/
リー・J・コッブ

2/16(木)21:00『ファイヤーフォックス』

特殊効果を本格的に取り入れた航空アクション

「ペンチャー・ワゴン」や「荒鷲の要塞」など莫大な製作費のかかった作品に出演したことのあるイーストウッドだったが、自らが設立したマルパソ・プロダクションで製作する作品はどれも低予算、ないし中規模の予算で作られたものばかりだった。「スター・ウォーズ」を担当したジョン・ダイクストラが特殊効果を手がけた「ファイヤーフォックス」は、それまでのイーストウッド製作作品の中でもっとも製作費のかかったものとなったが、それに見合うだけの興行的成功を収めた。

原作小説を書いたクレイグ・トーマスは、1976年にソビエト空軍のパイロットがミグ25を北海道に着陸させ亡命を求めた、いわゆる「ベレンコ中尉亡命事件」をヒントに『ファイヤーフォックス』を書き上げた。イーストウッドは映画の撮影現場に原作者夫妻を招待し、完成した作品でのイーストウッドの演技に喜んだトーマスは、続編『ファイヤーフォックス・ダウン』で「ファイヤーフォックスのパイロット、クリント・イーストウッドに」と献辞を捧げている。

ロシア語が堪能なパイロットを演じるために、クリント・イーストウッドは、国防省が提供した言語習得プログラムを使ってロシア語を特訓した。

ファイヤーフォックスに給油するため潜水艦が浮上する場面には、68年のアクション映画「北極の基地/潜航大作戦」のフッテージが再利用されている。

この時期のイーストウッド作品としては珍しく特殊効果が多用された作品だが、この時の経験が、「スペース カウボーイ」のクライマックス、「ヒア アフター」の大津波場面などに役立っているはずである。また、今年公開されるイーストウッド最新監督作「ハドソン川の奇跡」にも、大規模な飛行機墜落場面があるはず。映画作家イーストウッドが、特殊撮影を本格的に取り入れた最初の作品としても注目したい。

ファイヤーフォックス

1982年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
デヴィッド・ハフマン

2/23(木)21:00『ルーキー』

スタッフへの信頼が生んだ快作アクション

スコット・スピーゲルがショーン・コネリーを念頭に書き上げた「ルーキー」は、88年にジーン・ハックマンとマシュー・モディーンの主演で映画化されるはずだったが、俳優組合のストライキとぶつかってしまったため、その時は製作が中止となり、結果としてイーストウッドの主演監督作として再企画された。イーストウッドはアート系の作品である「ホワイトハンター ブラックハート」の製作をワーナーが引き受けることを条件に引き受けた。

「プラトーン」で一躍スターの仲間入りを果たしたチャーリー・シーンは、突然の富と名声に押しつぶされ、薬物に溺れていたが、イーストウッドは映画の中の役と同じようにシーンに厳しく接し、立ち直ったシーンは無事に撮影を終えることができた。

イーストウッド作品の中でもっとも派手なアクションが多い作品である「ルーキー」に登場するスタントマンの数は八十人で、これは出演している俳優の二倍の数である。

爆発するビルからジャンプする車、たくさんの車を乗せたまま転倒する運搬車など、大がかりで危険な撮影が続いたが、どの場面もスムーズに進み、一回目のテイクでOKが出た。

特殊効果担当のジョン・フレージャーは製作・監督のイーストウッドと製作のデヴィッド・ヴァルデスを次のような言葉で讃えている。

「二人は、われわれを完全に信頼してくれた。一度も急かされたりはしなかった。それが重要なんだ。だからこそ、われわれはどの場面もワン・テイクで撮影できたんだ。彼らはスタッフを心から信頼してくれる。それが大きな違いを生むんだ」

「ルーキー」の見所はアクション場面だけではない。人質となったイーストウッドが、自動車窃盗団のボス、ラウル・ジュリアの情婦、ソニア・ヴラガから受ける「ある種の拷問」は、今でも語り草となっている珍場面である。

ルーキー

1990年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
チャーリー・シーン

3月の放送作品

3/2(木)21:00『ザ・シークレット・サービス』

23年ぶりに俳優としてのみ参加した作品

シークレット・サービスが製作に全面協力した、映画史上最初の作品である。

ロバート・レッドフォード、トミー・リー・ジョーンズ、ショーン・コネリーほか、多くの俳優たちが主人公のホリガン役の候補となったが、イーストウッドは最初脚本を読んだとき「まるで自分のために書かれたようだ」と気に入り、出演を熱望した。その結果、「戦略大作戦」以来、実に23年ぶりに製作も監督も手がけず、俳優として出演するだけの、そして初めてのコロンビア映画出演作品となった。また音楽のエンニオ・モリコーネとも、「真昼の死闘」以来23年ぶりの顔合わせ。

俳優としてだけ、とは言っても、ウォルフガング・ペーターゼン監督の起用はイーストウッドの推薦によるものである。

ペーターゼン監督は期待に応えて、見事な演出手腕を発揮した。ホリガンに突きつけられた銃口を、暗殺者が口にくわえる場面はジョン・マルコヴィッチのアドリブだったが、これを気に入ったペーターゼンは、そのまま本編にも採用した。「私には、あれがどんな種類の発狂の象徴だったのかわからない。確かにリハーサルでは、あんなことはしなかった」と語っているイーストウッドだが、自作「ルーキー」の中でも、人質となった主人公が、突きつけられた銃口を口にくわえる場面がある。

そのマルコヴィッチは、孤高の暗殺者になりきるため、1ヶ月間自宅に引きこもり、電話にも出ようとしなかった。テレビもニュース番組以外は、一切観ようとしなかった。

そんなマルコヴィッチの熱演を受け止めるため、撮影当時62歳だったイーストウッドは、アクションシーンのほとんどを自ら演じた。6階建てのビルの屋上からぶら下がる場面も、自ら演じている。

同僚女性レネ・ルッソに自らのトラウマを語りながら涙を見せる場面では、繊細な演技も披露している。

ザ・シークレット・サービス

1993年 アメリカ

監督:ウォルフガング・ペーターゼン

出演:クリント・イーストウッド/
ジョン・マルコヴィッチ

3/9(木)21:00『恐怖のメロディ』

“巨匠”の誕生、記念すべき監督第1作

テレビ「ローハイド」に出演しているときからの念願だった監督の機会をついにイーストウッドが手にした記念すべき作品。“スーパースター”イーストウッドではない、“巨匠”イーストウッドのキャリアは、「恐怖のメロディ」からスタートしたのだ。実際、すでにスターとなっていたイーストウッドは、高額の出演料を返上し、俳優組合が定める最低限のギャラで主演を引き受けることを条件に、自らが監督も兼ねることを映画会社に納得させたのである。

「ローハイド」や、映画の出演作品で多くの優秀な、時には優秀とはとても言えない、監督たちから多くのことを学んだイーストウッドだったが、映画監督デビューということになれば、この人に敬意を払わないわけにはいかない。すでに「マンハッタン無宿」、「白い肌の異常な夜」で一緒に仕事をし、後に両者にとって決定打となる「ダーティハリー」でも組むことになるドン・シーゲル監督を、イーストウッドは「恐怖のメロディ」に、バーテンダーの役でカメオ出演させている。

もっともイーストウッドの“恩師”への敬意の表し方は、なかなか荒っぽく、ユーモラスなものだった。自分自身と同じように早撮りを好み、撮り直しを嫌うシーゲルに、イーストウッドは同じ場面をわざと十一回も演じさせ、それからカメラにフィルムをセットするよう撮影監督に命じてみせたのだった。

この作品のロケ地であるカーメルがすっかり気に入ったイーストウッドは、カーメルを愛し続け、後には市長まで務めることとなった。実際のモンタレー・ジャズ・フェスティバルでロケが行われているのも、音楽好きのイーストウッドらしいところである。

女性ストーカーに脅かされる主人公を描いたサスペンスということで、八十七年に「危険な情事」が大ヒットした際には、多くの映画ファンが「恐怖のメロディ」を思いだし、こちらの方が出来が良いことを確認した。

恐怖のメロディ

1971年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジェシカ・ウォルター

3/16(木)21:00『タイトロープ』

今度の敵は、自らの心の闇

「ダーティハリー2」の脚本に大きな貢献をしたマイケル・チミノを「サンダーボルト」の監督に抜擢したように、「アルカトラズからの脱出」の脚本を高く評価したイーストウッドは、リチャード・タッグルを「タイトロープ」の監督に起用した。しかし、イーストウッドの期待に見事に応えたチミノとは違い、タッグルは自作脚本の撮影に迷いを見せ、撮影開始からトラブルが続いた。間もなく、イーストウッドが演出を担当するようになり、「タイトロープ」は事実上、クリント・イーストウッド監督作品として完成したのである。

「私の魅力は、私が演じる人物だ。答えをすべて持っている超人は2倍かっこいいし、社会も、社会の警察の助けもなしで、独力で存在している。…しかし、現実にはそんなことはありえない。人間はいつも個人でありたいという夢を持っているが、実際には人間は群れる動物だ」イーストウッドは、「タイトロープ」での自分の役について、こう語っている。

この言葉通り、「タイトロープ」でイーストウッドが演じているのは腕っ節の強いスーパー・ヒーローではない。妻に去られ、娘たちの教育に悩み、それ以上に自らのうちに存在する暗い欲望に苛まれている。映画の始めの方で殺人鬼の履いているスニーカーがクローズアップになり、場面が変わると別の人物のスニーカーがアップになる。これを履いているのがイーストウッド。主人公のブロック刑事の初登場場面だ。最初から、刑事と殺人鬼とが同じコインの表と裏であることが強調される。

殺人鬼の捜査を進める中で、ブロック刑事は娼婦との手錠を使ったSM的なセックスに溺れる。その後、殺人鬼はその娼婦を殺すが、その死体には手錠が…。

ブロック刑事の敵は、自分自身の心の中の闇なのだ。だからこそ、クライマックスで、ブロック刑事は犯人のマスクを剥ぎ、そこにあるのが自分自身の顔ではないことを確かめずにはいられないのだ。

タイトロープ

1984年 アメリカ

監督:リチャード・タッグル

出演:クリント・イーストウッド/
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド

3/23(木)21:00『荒鷲の要塞』

イーストウッドの大暴れが見物の大作戦争アクション

スティーヴン・スピルバーグとクエンティン・タランティーノがもっとも愛するクリント・イーストウッド作品。タランティーノによれば「荒鷲の要塞」は、「クリントが大量殺戮するのにちょうどいい時期に集まってくる、信じられないほど無能なドイツ兵の話」であり、イーストウッド自身は「リチャード・バートンと私は2時間の間に大勢のナチを殺した。それなのに、なぜ、あんなに戦争は時間がかかるのだろう、と私は思った」とユーモアを込めて語っている。

とは言え「荒鷲の要塞」のオリジナル・シナリオを執筆したのは「ナバロンの要塞」の原作者でもある冒険小説の巨匠アリステア・マクリーン(原作とされることも多いが、当時マクリーン作品はすべて映画化権が売れていたため、マクリーンはプロデューサーの依頼でシナリオを執筆し、そのあと小説化して出版した)。プロットは巧妙に練り上げられていて、アクションだけでなく、どんでん返しも連続する。

スタジオでの撮影中も、妻であるエリザベス・テイラーを伴ったスイスのロケ地でも、酒豪で知られるリチャード・バートンは絶え間なく酒を飲み続けた。「荒鷲の城」内での長ゼリフの場面で、バートンは両手で拳銃を持っている。片手で持つと手が震えて銃が揺れてしまうために、両手で支えねばならなかったのだ。

現場でプロに徹しない俳優やスタッフを嫌うイーストウッドだが、バートンの演技力と美声には感銘を受け、バートンともテイラーとも親しくなったため、演技はバートンに任せ、殺人は自分が引き受けることを決意した。イーストウッドは「荒鷲の要塞」の中で、もっとも多くの人を殺めている。

これもまた、後の傑作「硫黄島からの手紙」、「グラン・トリノ」など、反戦、反暴力へと成熟していくイーストウッドの辿った、段階の一つなのである。

荒鷲の要塞

1968年 アメリカ=イギリス

監督:ブライアン・G・ハットン

出演:リチャード・バートン/
クリント・イーストウッド

3/30(木)21:00『ホワイトハンター ブラックハート』

娯楽とアートを両立させる映画作家

「ホワイトハンター ブラックハート」でクリント・イーストウッドが演じている人物のモデルは、アメリカ映画の巨匠ジョン・ヒューストン。物語はヒューストンがハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘプバーンの共演作「アフリカの女王」を撮影したときの、と言うか、撮影を始めようとしなかったときの、実話を基にしている。

四十年近く眠っていた脚本を発見し、強く惹かれたイーストウッドは、娯楽アクション「ルーキー」の監督と主演を引き受けることを条件にワーナー・ブラザースを説き伏せ、「ホワイトハンター ブラックハート」の製作を実現させた。イーストウッドはヒューストンと面識が無く、また映画製作が決定した時点でヒューストンは故人となっていたため、ジョン・ヒューストンの娘であるオスカー女優アンジェリカ・ヒューストンのもとを訪ね、映画人としての、そして家庭人としてのジョン・ヒューストンについて教えを請うた。体の動かし方、常に葉巻を手にしているところなど、イーストウッドはアンジェリカのアドバイスを受けながら役作りを進めたが、もっとも力を入れたのは声の出し方である。イーストウッドのファンなら、いつもとは違った声の出しかた、セリフのイントネーションに気づくはずである。

「わたしはいつも『ホワイトハンター ブラックハート』で演じた人物ジョン・ウィルソンの台詞を引用している、『ポップコーンを食べる800万人の観客に引きずり回されるわけにはいかない』」クリント・イーストウッドは、かつてこう語った。

ジョン・ヒューストンは、長年に渡って観客を楽しませながら、しかし観客に引きずり回されることはなく、アーティストとしての高い評価を後世に残した。娯楽とアートを両立させ、最高の映画作家としての評価を確立したという点において、ヒューストンとイーストウッドは、とてもよく似ている。

ホワイトハンター ブラックハート

1990年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジェフ・フェイヒー