86歳、現役。史上最大のイーストウッド特集 6月2日(木)より 52週連続、52作品。 86歳、現役。史上最大のイーストウッド特集 6月2日(木)より 52週連続、52作品。

クリント・イーストウッドの映画人生をたどる

1959年、テレビ西部劇『ローハイド』で名を知られ、1964年、イタリアへ渡り『荒野の用心棒』に出演。
ー友人たちには「茨の道(マル・パソ)」だと言われた。
1968年、映画製作会社マルパソ・カンパニーを設立し、1971年、『恐怖のメロディ』で初監督を果たす。
それから45年に渡り、映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、作曲家として映画界の一線を走り続け、主演又は監督として携わった劇映画は58作におよぶ。そして現在、59作目となる映画『ハドソン川の奇跡』の公開を9月に控えている。

今回イマジカBSでは、稀代の映画人クリント・イーストウッドの映画人生をたどるべく、彼が主演又は監督として携わった52作品を52週連続で特集放送する。フィルモグラフィーをほとんど網羅するテレビ放送史上最大規模(※)のイーストウッド特集だ。命がけで映画に力を注いできたイーストウッドの作品だけに、その全てに強烈な個性が漂っている。それでいて、常に変わることを恐れず、野心的に新しいテーマを取り上げる創造性にも気づかされる。

86歳、現役。その映画人生は、いまだ途上だ。
これからのイーストウッドを楽しむためにも、これまでのイーストウッドをとことん味わい尽くしていただきたい。

※2016年4月現在、当社調べ。

クリント・イーストウッド

4月の放送作品

4/6(木)21:00『荒野のストレンジャー』

西部劇の伝統を破壊したよそ者(ストレンジャー)

「荒野のストレンジャー」を観て怒り心頭に発したジョン・ウェインが、わざわざイーストウッドに手紙を書いたというのは有名なエピソードである。

「彼は映画をこきおろして、これは西部劇ではないと言った。私は彼やゲイリー・クーパーやほかの人々がやってきたことから離れようとしていたのだ」とイーストウッド。イーストウッドは、セルジオ・レオーネが「荒野の用心棒」で、サム・ペキンパーが「ワイルド・バンチ」で、ジョージ・ロイ・ヒルが「明日に向かって撃て!」で、寄って集って破壊した西部劇の伝統に、「荒野のストレンジャー」でとどめを刺したかのようにも見える。

だが、監督第二作目に西部劇を選んだイーストウッドは、その後、「アウトロー」、「ペイルライダー」、(純粋なウエスタンとは言えないにしても)「ブロンコ・ビリー」などの作品で西部劇の伝統を過去から現在へと繋ぎ、ついには「許されざる者」で、ウエスタンというジャンルを一つの完成形へと導くことになる。まさしく「創造のための破壊」、それが「荒野のストレンジャー」なのである。

「荒野のストレンジャー」でコミュニティを破壊するイーストウッドは、「アウトロー」でコミュニティを再生させ、「ペイルライダー」では、コミュニティの守護神となる。

最初の脚本では、街に現れるストレンジャーは、殺された保安官の弟だという設定になっていた。ラストに街を去るストレンジャーが、街にいる間の記憶を完全に失っているという描写で、ストレンジャーは保安官の霊に憑依されていたのだということを示唆するバージョンの脚本もあった。主人公の背景を描かず、観客の想像に任せた方が、自分の魅力が引き立つということを、セルジオ・レオーネとの仕事で理解していたイーストウッドはどちらも気に入らず、ストレンジャーが誰なのかを謎のままにした。ストレンジャーの正体は、観客である、あなたが考えることなのだ。

荒野のストレンジャー

1972年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ヴァーナ・ブルーム

4/13(木)21:00『アウトロー(1976)』

オーソン・ウェルズに認められた傑作西部劇

「この映画を四回目に見たときに確信したんだ。これは偉大な西部劇だとね。ジョン・フォードやハワード・ホークスの作品に匹敵する」テレビ番組でこう語ったのは、あのオーソン・ウェルズである。

伝説の天才にここまで認められたのだから、監督をしていたフィリップ・カウフマンを解雇して、イーストウッド自らがメガホンを取ることにした決定は正解だったのだろう。しかし、カウフマンを解雇したことは論議を呼び、「アウトロー」以降、映画監督協会は撮影中の作品の監督が解雇された際、その作品のクルーや出演者が監督を引き継ぐことを禁止するようになった。この決まりは現在でも「イーストウッド・ルール」と呼ばれている。

「アウトロー」が公開されたのは、ベトナム戦争がついに終結した翌年、そしてアメリカ建国二百周年に当たる一九七六年である。主人公のジョージー・ウェールズが家族の復讐のために仇を追い求めるというのは、典型的な西部劇の設定だが、すべてを失って孤独になった主人公の周囲にはぐれ者たちが集まり、新たな家族/コミュニティが誕生していくというのは新しかった。ここにはアメリカの再生への希望が込められているのである。

ラスト、(「ダーティハリー」でもイーストウッドと共演していた)ジョン・ヴァーノン演じる元上官と、ウェールズが交わす会話は深い意味を持っている。ここで主人公が口にする「あの戦争」とは、もちろん劇中では南北戦争のことだが、公開当時の、そしておそらく今でも、多くの観客がベトナム戦争と重ね合わせて解釈したはずなのだ。

このラストにも顔を出している、バーテンダー、ケリー役のマット・クラークは、一九九〇年の西部劇(?)「バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅢ」にもバーテンダー役でカメオ出演し、“クリント・イーストウッド”を自称するマクフライ(マイケル・J・フォックス)のお相手を務めている。

アウトロー(1976)

1976年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジョン・ヴァーノン

4/20(木)21:00『戦略大作戦』

後の傑作につながる戦争映画の娯楽作

「この映画は戦争映画の最高傑作の一本になれたかもしれない。そして、そうなるべきだった。しかし、どういうわけか、すべてがおかしくなった。結局、第二次大戦のアメリカの怠け者集団の話になってしまった」というイーストウッド自身の言葉を聞けば、「戦略大作戦」のことを大失敗作だと考えてしまうかもしれない。だが、この作品は「第二次大戦のアメリカの怠け者集団の話」だと割り切れば、実に愉快で楽しい。元々のシナリオにあった反戦テーマを、編集の段階で大幅にカットされたことで、ブライアン・G・ハットン監督とイーストウッドは怒り、製作会社に抗議したが無駄に終わった。この時は。

イーストウッドがのちに、戦争映画とユーモアを、より繊細な形で融合させた「ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場」や、反戦のテーマを前面に打ち出した「父親たちの星条旗」、「硫黄島からの手紙」、「アメリカン・スナイパー」などの傑作群を世に送り出していくことを考えれば、彼が「戦略大作戦」で味わった怒りと失望は、やがて大きな実を結ぶことになったと言っていいだろう。

俳優としてのイーストウッドは、テリー・サヴァラス、人気コメディアン、ドン・リックルズ、曲者俳優ドナルド・ザザーランドらとの、ユーゴスラビアでのロケ撮影を大いに楽しんだ。

サザーランドの当時の妻が、過激派集団ブラック・パンサーのために、本名をサインした小切手を使って手榴弾を買おうとしてFBIに逮捕されたと、ユーゴにいるサザーランドに伝えたのはイーストウッドだった。イーストウッドは悪い知らせを伝えながら、“本名”のところで大笑いしすぎて立っていられなくなり、サザーランドが助け起こさねばならなかったという。

このエピソードはふたりの友情に悪影響を与えなかったらしく、イーストウッドとサザーランドは三〇年後に「スペース・カウボーイ」で仲良く再共演している。

戦略大作戦

1970年 アメリカ

監督:ブライアン・G・ハットン

出演:クリント・イーストウッド/
テリー・サヴァラス

4/27(木)21:00『ブラッド・ワーク』

(今のところ)最後のアクション主演作

クリント・イーストウッドが、タフなアクション・ヒーローを演じた(今のところ)最後の作品。「ダーティハリー」シリーズの新作を長年待ち続けたファンへの贈り物とも言える映画だ。だが、それだけではない。マイケル・コノリーのベストセラーを原作とするこの作品は、犯人当てのミステリー作品としても一級品である。

そしてゲラの段階で原作の映画化権を獲得するほど、イーストウッドが、この素材を気に入った理由はもう一つあった。

「マッケイレブの弱さが特に気に入った。肉体的にも心理的にも弱いところが」とイーストウッドは語っている。心臓移植手術の経験者という主人公の設定は、撮影当時すでに七十歳を越えていたイーストウッドにふさわしい肉体的、心理的な深みを、主人公のキャラクターに与えている。

マッケイレブの主治医を演じているのはオスカー女優のアンジェリカ・ヒューストン。アンジェリカの父である巨匠ジョン・ヒューストンをモデルにした役をイーストウッドは、「ホワイトハンター ブラックハート」で演じている。父の動脈瘤手術に立ち会った経験のあるアンジェリカは、イーストウッドの主治医を演じることに複雑な感慨を抱いたと語っている。

後にアンジェリカ・ヒューストンは、最初は自分が監督するつもりだった「ミリオンダラー・ベイビー」の企画をイーストウッドに譲ることとなる。

もう一人の共演者であるジェフ・ダニエルズは、いつもは物静かで知的な老人が、カメラが回り出した瞬間に伝説の“クリント・イーストウッド”に変身する姿に驚愕した。ダニエルズは、これほどの変身を見せつけられたのは「ラグタイム」(81)でジェームズ・キャグニーと共演して以来だと語っている。キャグニーはイーストウッドがもっとも敬愛する映画スターである。

ブラッド・ワーク

2002年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジェフ・ダニエルズ

5月の放送作品

5/4(木)21:00『目撃』

絶対権力に立ち向かう犯罪者=究極のイーストウッド・ヒーロー

実は原作となったベストセラー小説で、イーストウッドが演じている怪盗ルーサーは物語の途中で殺されてしまい、別の人物が主人公になる。しかしイーストウッドは「観客みんなが好きになるような人物を殺してはいけない」と「明日に向かって撃て!」ほかで知られる名脚本家ウィリアム・ゴールドマンに指示。ゴールドマンはルーサーを主人公にしたままで、長大な原作を巧みにまとめ上げ、イーストウッドはシナリオの出来に大いに満足した。

映画の中で様々な強敵と対決してきたイーストウッドだが、今回のラスボスは「絶対権力」(本作の原題)の持ち主であるアメリカ合衆国大統領。この役を演じられるのは、それまでのイーストウッドのキャリアで最強の敵を演じた俳優しかいない。というわけで、「許されざる者」でオスカーを受賞した名優ジーン・ハックマンのイーストウッド作品再登板となった。

「ダーティハリー」ほかの作品で、警察や軍隊の体制内にいる人物を演じているときですら、イーストウッドが体現する主人公は、常に組織の枠外で闘わねばならないことになる。最高権力者による非道を正す犯罪者、という設定は究極のイーストウッド・ヒーローであるとも言えよう。「『目撃』については、わたしは原作の仕掛けが気に入った。この男は法の外にいるので、政府高官を巻き込む事件を目撃したとき、警察に行くことができない」というイーストウッドの言葉が、それを物語っている。もっともレイプや近親相姦など、アブノーマルなセックスの要素が頻出することがイーストウッド作品の特徴でもあるので、サディズムから殺人へのエスカレートを覗いている主人公、という設定も大いにイーストウッドを惹きつけたであろうことは、想像に難くない。

オールスター作品だが、のちに大ヒット・テレビシリーズ「24」でパーマー大統領を演じることになるデニス・ヘイスバートが悪役で出演していることにもご注目。

目撃

1997年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジーン・ハックマン

5/11(木)21:00『センチメンタル・アドベンチャー』

観客はアメリカのやさしさを見る

80年代前半当時のファンたちがクリント・イーストウッドに求めていたイメージとは異なる主人公を演じた「センチメンタル・アドベンチャー」は、イーストウッド作品としては数少ない興行的失敗作となった。だが、アメリカ文学界の巨人ノーマン・メイラーは、この作品の真価を理解していた。彼は「観客はアメリカのやさしさを見つめながら、そのやさしさを感じ取る」と「センチメンタル・アドベンチャー」のことを評価した。

一九三〇年に生まれ、大恐慌の時代に、そして当時の音楽に特別の思い入れを持つイーストウッドにとって、実の息子カイルと共演した「センチメンタル・アドベンチャー」は、特別の思い入れを込めた作品であり、メイラー言うところの「アメリカのやさしさ」そしてたぶん哀しさは、しっかりとこの作品から観客に伝わってくる。

ミュージシャンとしての顔も持つイーストウッドだが、彼が得意とする楽器はピアノだったので(この作品の中にもピアノを弾く場面がある)、「センチメンタル・アドベンチャー」の主人公を演じるために、ギターの特訓を受けることとなった。

原題は「ホンキートンク・マン」。「ホンキートンク」とはチューニングが狂ったピアノのことで、そんなピアノが置いてある安酒場のことも指す。「ホンキートンク・マン」とは、そんな酒場で唄う、しがない流しのこと。そんなホンキートンク・マンが一世一代のレコーディングに挑み、危機に見舞われるクライマックスで、粋な助け船を出す男を演じているのが、カントリー界の伝説マーティ・ロビンス。

ロビンスは、この場面を撮影後、映画の公開を待たず、心臓発作で亡き人となった。「センチメンタル・アドベンチャー」の主題歌「ホンキートンク・マン」は、アメリカとカナダのカントリー・チャートを上昇し、ロビンスにとって最期のヒット曲となった。

センチメンタル・アドベンチャー

1982年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
カイル・イーストウッド

5/18(木)21:00『愛のそよ風』

自身が出演しない初の監督作

初監督作である「恐怖のメロディ」の撮影を大いに楽しんだクリント・イーストウッドは、再び脚本家ジョー・ヘイムズのシナリオを映画化することにした。それが「愛のそよ風」だ。

「恐怖のメロディ」は製作費が極端に低かったこともあり、興行的にも成功を収めたが、イーストウッドは「愛のそよ風」は、5セントも稼ぐことはないだろう、製作費を抑えることで赤字さえ避けられれば利益は出なくてもかまわない、と考えていた。それほどまでにイーストウッドの心を捕らえたのは、脚本の中に込められていた“無邪気さ”だった。

人生の黄昏の中にある男性と若い女性の恋愛を描いたこの作品で、主人公を演じたウィリアム・ホールデンは撮影当時五十五歳、ヒロインである“ブリージー”役に抜擢されたケイ・レンツは十九歳で、二人の間には実際に三十才以上の年齢の開きがあった。

ハリウッドのベテラン・スターだったホールデンは、監督として新人に近いイーストウッドの作品でもプロとしての仕事に徹し、ラブシーンでは、若い駆け出し女優のレンツに優しく気を使って見せるなどして、イーストウッドを喜ばせた。

「愛のそよ風」はイーストウッドにとって三本目の監督作品だが、自身が出演しない監督のみの作品としては、これが最初だった。イーストウッドが、次に監督に専念する作品は八十八年の「バード」で、十五年後のこととなる。とは言っても、実は「愛のそよ風」にイーストウッドは“出演”している。ヨット置き場の桟橋にいる白いジャケットを着た男がちらりと映し出されるが、これがクリント・イーストウッド。

イーストウッドが手がけた初のラブストーリーである「愛のそよ風」は、親子ほど年の離れた男女の絆を描くという点で、傑作「ミリオンダラー・ベイビー」の原点としても重要な作品である。

愛のそよ風

1973年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:ウィリアム・ホールデン/
ケイ・レンツ

5/25(木)21:00『アイガー・サンクション』

危険なスタントに挑み続けた

原作は覆面作家トレヴァニアンが書いたベストセラー小説。ポール・ニューマンが断った主演を引き受けたイーストウッドは、当初、盟友であるドン・シーゲルに監督を依頼した。高所での危険なスタントも自分で演じるつもりだったイーストウッドは、監督までつとめるのは無理だと考えていたのだ。しかし、シーゲルに励まされた結果、イーストウッドは監督兼任を決意すると同時に、ヨセミテ国立公園で三日間の登山講習を受けた後、自宅で数ヶ月のトレーニングを重ねて撮影開始に備えた。

イーストウッドがジョージ・ケネディから登山の特訓を受けるシークエンスの舞台となるのが、ジョン・フォード西部劇のロケ地として映画ファンに知られているモニュメント・ヴァレー内にある、“トーテム・ポール”と呼ばれる切り立った巨大岩石。「アイガー・サンクション」の撮影を最後に、“トーテム・ポール”へ上ることは全面的に禁止された。撮影を許可される条件として、イーストウッド、ケネディ、そして撮影クルーは、“トーテム・ポール”から降りていく際に、それまで数多くのクライマーが残していった無数のハーケンを、すべて撤去せねばならなかった。

アイガーでのロケが始まってからも、イーストウッドは、自らのロープを切って、三百メートル落下する場面など危険なスタントに挑み続けた。唯一、演じなかったのは七百六十メートル落下する場面のみで、ここではさすがにダミーが使われている。

これらの場面に対する観客の反応を確かめたくなったイーストウッドは、映画の封切り後、変装をして劇場に出かけてみた。イーストウッドの前の席に座っていた女性観客二人のうち一人が、イーストウッド自身が演じた落下場面で息を呑み、隣の女性に「凄いわ!いったいどうやって撮ったのかしら?」と尋ねた。尋ねられた方の女性は「どうせ、特殊効果よ」と一言で片付けたそうな。

アイガー・サンクション

1975年 アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

出演:クリント・イーストウッド/
ジョージ・ケネディ